2014/08/31 衝撃の出合い 第3話:『間違ったイノベーションの定義』
衝撃の出合い 第3話:『間違ったイノベーションの定義』


人々の衝撃の出合いは、人類のイノベーションが関与している事が多くある。

では、イノベーションとはなにか? ーー多くの人は、『技術革新』と答える。
特に大手企業では、今日も技術革新のよる新しい機能開発競争が熾烈化しており、この技術革新をイノベーションと呼び、企業競争勝敗をかけた技術陣の任務になっている。

この定義は正しいか?
答えは、狭義的には正しいが、イノベーションの定義としては、正しくない。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回の第3話では、衝撃の出合いという蓄音機をテーマに、イノベーションの真の定義に迫ってみたいと思う。

まずは、蓄音機から今日のスマホまでの歴史総括。

※ 蓄音機は、100年以上も前にエジソンによって発明され、以降数々の技術革新によって蓄音機は量産され、日本でも大正・昭和(終戦直後まで)の高級娯楽として、定着をした。

※ 昭和26年には、LPレコードが日本で販売開始され、真空管式オーディオの時代に突入する。昭和30年台に入るとステレオプレーヤが誕生し、超高級オーデイオから汎用オーディオに至るまで、各メーカの技術革新と量産で市場は爆発的に拡大し、蓄音機はすっかり忘れ去られ粗大ごみとなって消滅。

※ 昭和54年(1979年)ソニーが世界に発信したウォークマンは、人々の音楽と向かい合う価値観を変えた。

※ 昭和57年(1982年)CDが誕生。LPレコードや真空管アンプは一部のマニアの道具となり、大量販売市場から姿を消した。
昔のオーディオ全盛期の頃の秋葉原を懐かしく思い出すのは、私だけではないと思う。

※ 今日、ウォークマンやCDに変わって、iTunesやスマホの時代到来の現実は説明の余地はない。

『音楽を聴く』目的も、時代と共に価値観が変化し、普及する商品も大きく変化してきた。
この変化が、イノベーションである。

ソニーが昨月末(2014.07)に、ウォークマンの復活と称して、約7万円の新型ウォークマンZX1を発売した。ソニーの宣伝では、『未体験の心震える感動を』とある。
不作続きのソニー高級路線の中では、結構売れているらしい。
これが、ウォークマン発売以降35年間渡り、ソニー技術陣が努力してきた技術革新の結果である。でもこの商品はイノベーションと呼べない。

ハイレゾウォークマン「NW-ZX1」オフィシャルサイト

ウォール・ストリート・ジャーナルでの解説記事

ソニーは、ZX1を人類最高音質のウォークマンと呼び、開発者は金に糸目をつけず最高の技術を投入したと公表しているが、イノベーションを巻き起こした”かつてのソニー”とは随分かけ離れている。
35年前のウォークマンとなにが違うのか?

答えはシンプル。”普及するか否か” の違いである。

35年前のウォークマンは、小型化という時代の変化を自ら作り出し、人々に小型オーデジオを活用提案をし、市場創造に成功した。世界中で受け入れられ、普及し社会生活を大きく変えた。
これがイノベーションである。

イノベーションの定義は、売れなければダメ。ニッチではなく普及することが必須である。
社会生活が変わり、価値観が変わることがイノベーションである。

今世界では、スマホやGoProなど爆発的普及を伴う”真のイノベーション”が進行している。

中小製造業の戦略は、今日のイノベーションを認識し、このイノベーションに自らが追従すし、自らが変化することーーーこれ以外中小企業の発展の道はない。
※ 時代の変化に対応すること。
※ 守ったら負ける。
※ 自社の技術を奢っていたら負ける。

中小企業における、イノベーションの定義は、『時代の変化に対応する経営者の決断と実行』である。

”100年以上前の蓄音機の奏でる音色” これをを初めて聞く人は、強い衝撃を受ける。
『未体験の心震える感動を』。。。まさに蓄音機のための言葉である。
電気も使わず、ゼンマイで巻き上げ、針から拾う音色が大音響で奏で、歌手が目の前にいるような錯覚さえ覚える、未体験の心震える感動。
蓄音機を聴くと、人類の技術革新とは何だったんだろう? と疑問が沸き上がってくる。

[広告] VPS


しかし、感動とイノベーションは別物である。
技術革新は、イノベーションのほんの一部にすぎない。

イノベーションは、技術者の仕事ではなく、経営者の仕事である。
15:47 | インターネット | コメント:0 | page top
製造業再起動ブログ (予告編) 『ローカル企業の再起動で日本の製造業が復活する』_全10話の連続投稿予告のご案内 << Home >> 衝撃の出合い 第2話: 『テネシー・ワルツの衝撃』







製造業再起動ブログ


Designed by ぽんだ
Powered by FC2ブログ



Copyright © アルファTKG公式ブログ(著者:高木俊郎) All Rights Reserved.